放射能被曝疾患の予防治療情報 アナフィラキシーショックには「エピペン」→「プレドニン」の処方

放射能被曝疾患の予防治療情報

ネットで集めた被曝による病気の予防・治療情報を紹介します。使用結果や効果については自己責任でお願いします。

アナフィラキシーショックには「エピペン」→「プレドニン」の処方

花子 ‏@SamezuHanako  2016年11月29日

【重要①】アナフィラキシーショックを起こして「エピペン」をお持ちの方。
発作が起きたらすぐに打って下さい!数十秒・数分が命の分かれ目
になるそうです。エピペンは効果がすぐ切れるので、「プレドニン
(ステロイド内服薬)」も処方して頂いて下さい!
こちらの効果はエピペンより長く続くそうです。


花子 ‏@SamezuHanako  11月29日

【重要②】アナフィラキシーショックを起こしたら、救急車を読んだり
・病院へ行く前に即「エピペン」→「プレドニン」だそうです。
尚、そういう事があった旨のメモと「お薬手帳」を常に持ち歩いて下さい。
発作が起きた時に役に立つという事です。全て、医師(2名)からのアドヴァイスです。


花子 ‏@SamezuHanako  11月29日

【重要③】もし、家族や身近な人がアナフィラキシーショックを起こした場合。
本来は本人が打つ「エピペン」ですが、気を失ってしまったりした場合には
身近な人が打っても違法にはならないそうです。予め「エピペンの打ち方」
を説明して貰っておいて、いざという時に慌てずに処置してあげると良いかも?

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad