放射能被曝疾患の予防治療情報 ぶらぶら病にはビーツが効くかもしれない

放射能被曝疾患の予防治療情報

ネットで集めた被曝による病気の予防・治療情報を紹介します。使用結果や効果については自己責任でお願いします。

ぶらぶら病にはビーツが効くかもしれない

Fibrodysplasia @Fibrodysplasia(横浜→京都の非御用学者)
2015年7月9日

低線量の慢性被曝において注意すべきことは、単球欠乏以外に、
ペトカウ効果と赤血球の変形があります―赤血球変形に関して
ーニュージーランドのレシンプソン博士は、慢性の無気力症状
(ぶらぶら病)に苦しむ患者の赤血球を電子顕微鏡で調べたところ、
膨れ上がったり不規則な形になっていました(続)

Fibrodysplasia @Fibrodysplasia 2015年7月9日

続)博士の考えでは、変形した赤血球は毛細管内を流れにくく、
その結果、筋肉や脳に十分な酸素や栄養分が行き渡らないという
ことです。慢性の疲労症状(ぶらぶら病)は、広島・長崎以外に、
チェルノブイリでも観察されています。科学者たちは、高線量の
被曝の研究だけに特化すべきだと断定されています


ぱんどら ‏@soredemoikr_mnt 2016年9月14日

ビーツが飲む血? とかいうのは本当みたいだな
すげー 鉄剤要らずじゃん


ぱんどら ‏@soredemoikr_mnt 9月11日

とりあえずビーツは飲む点滴とか出てくるし
良さそうだよね。
筋腫のある女性にも良いとかなんとかφ(..)


tunenti@tunentl  6月15日

こちらで知り合ったルーマニア人が言ってた。チェルノブイリ
事故の時、医師が1軒1軒こっそり訪ね歩き、「被曝に負けない
体を作るにはビーツが一番!どんどん食べろ!!リンゴと人参
とビーツの生ジュースが一番効果的」と教えてくれたそうだ。
公には言えない状況にしても出来る事をする医師に感動。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad