放射能被曝疾患の予防治療情報 亜鉛が多い食べ物は解毒効果が高い
FC2ブログ

放射能被曝疾患の予防治療情報

ネットで集めた被曝による病気の予防・治療情報を紹介します。使用結果や効果については自己責任でお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亜鉛が多い食べ物は解毒効果が高い

お散歩日和 @osanpogo5 2017年9月5日

亜鉛とパクチー
亜鉛は重金属の解毒作用が高い
亜鉛が多い食べ物を最近ではスーパーフードといい、
他にもモリンガやチアシード
抗生物質が効きにくい患者の身体に重金属の蓄積がある

亜鉛、マグネシウム、カルシウム、鉄などはバランスが大事


お散歩日和 @osanpogo5 2017年9月4日

亜鉛
パクチー

お散歩日和さんが追加

松藤民輔の言葉 @tamimatsufuji
シャンツァイの消費量が一番多いタイにはガンが少なっていうんだけど、本当だとしたらシャンツァイに何が含まれていると思う?亜鉛なんだよ。やっぱり食べ物と病気って連結していると思うな。



東京に住む家族が体内の放射能を測定したら、タイ人の奥さんだけ不検出だった。


【実録】東京に住む筆者が、家族で「内部被ばく検査」を受けたら…!?
今こそ知ってほしい放射能汚染の真実(TOCANA)


■果たして筆者の測定結果は!?

 さて、検査を無事に終えると、プリントされた家族4人の測定データをもとに新納氏が結果を説明してくれた。まず筆者のデータを見ると、セシウム137の値が「58.06Bq」とあり、これは「とても少ないです」という。セシウム134は「ND」(No Data)つまり「不検出」となった。これは、測定限界の最低値である50Bqよりも低かったことを示している。セシウム134については、家族4人とも不検出となった。放射性セシウムには137と134があるが、137は半減期が30年と長く、内部被ばくすると(半減期が2年である)134よりも長く体内にとどまることになるため、検査では重視される。

 筆者の場合、体重比でいうと、セシウム137は「1Bq/kg」とあり、体重1kgあたり1Bqの内部被ばくとなった。

 次に、妻の測定結果を見ると、セシウム137・134とも「不検出」で、これまでに検査を受けた人々の中では少数派のようだ。

 そして、4歳の息子のセシウム137は「46.64Bq」で、体重が少ないため1kgあたりでは1.86Bq/kg」と、父親より高い値を記録した。2歳の娘も「47.04Bq」で、同様に1kgあたりでは「2.6Bq/kg」となる。

http://tocana.jp/2017/01/post_12059_entry.html



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。