放射能被曝疾患の予防治療情報 カッピングが被曝治療に効果的?

放射能被曝疾患の予防治療情報

ネットで集めた被曝による病気の予防・治療情報を紹介します。使用結果や効果については自己責任でお願いします。

カッピングが被曝治療に効果的?

t-mari‏ @kappel0208  2017年3月14日

指圧、鍼、整皮には、神業のレベルの方達に出会ったこと
がある。残念ながらみなさんもう現役から数年前に引退された。
ちょうど震災の3年後くらい。何らかの遺伝的な負の身体欠陥
をもっていただろう私は震災でいっきに体調を崩したけれど、
彼らのおかげで一命をとりとめた。薬じゃ決して治せなかった

t-mari‏ @kappel0208  2017年3月13日

カッピングの効果は痛みの緩和だけでなく、消化器の改善、
肺の浄化、ヘルニアの改善(治癒も可能)、自律神経の改善、
と多岐にわたります。古来中国では、鍼と併用、今も中国
では併用使用が効果相乗のため推奨。ただし、避けるべきは。
妊婦さん、皮膚感染および炎症、潰瘍疾患の方。


tomoko isobe(脱被曝に一票)‏ @sobtomk  2017年3月19日

@rebirthfrom30 血流をよくするのも排出に役立ちます。鍼灸やカッピングなど。
それから発酵食品などで腸内環境をよくすること。睡眠も大事。被曝の影響は
個人差が大きいので、他人が大丈夫でも自分はダメ、ということが起こります。
自分の身体は自分で面倒を見るしかないようです。


【心筋炎】放射線症・傾向と対策74【橋本病】

752 :名無しに影響はない(catv?)
2017/02/07(火) 23:33:14.55 ID:XjVOe1S2
カッピング(吸い玉、プハン)

皮膚を吸い上げて血を健康にする古代から伝わる療法
カッピングの効果を大まかにまとめると次のとおりです。

• 血液をきれいにする。
• 血行を良くする。
• 血管をはじめ、組織を強くする。
• 免疫力が強化される。
• 皮膚の若さを保つ。(アンチエイジング効果)
• 内臓や諸器官の働きを活発にする。
• 自律神経を正常に調整する。
• 体内から体外への老廃物の排泄を助ける。(デトックス効果)
• ストレッチと強力なマッサージ効果



(個人ブログより)


癌になると、あれをやってもいいのだろうか、これを食べてもいいのだろうか・・・
と、それまでは考えもしないようなことをいちいち考えてしまいます。

血行をよくすると、血流に乗ってがんが転移するのではないかと不安に思ったのも、そのひとつです。

そんなとき、NHKスペシャルだと思うのですが、”人体”とか”がん”といったテーマの番組で、
「がんは血流に乗って体を巡り、血流の滞ったところでとどまってそこで増殖したものが転移であると考えられる」というような説明をしていて、
目からウロコでした。
仮説なんでしょうが、それ以来、血行をよくすること、血液を綺麗にすることを一生懸命やってきました。

綺麗な血が元気に体を巡っている状態が健康ということで、
食べ物が大事なのは、食べたものが血液を作るからなんでしょうね。




(同じく個人ブログより)


手前味噌になってしまいますが、
私はカッピングに出会って、一晩でリンパ浮腫が消えて、これは効く!と確信できたし、
濃い痕がたくさんついて、こんなに血が汚れているんだからガンになって当然だし、
常に血液を綺麗にしておけば、再発も転移もしないと思いこむことができました。

そして、同じ血流をよくする方法でも、カッピングは血液をきれいにしてから血流をよくするわけですから、
単に血流をよくするだけの方法よりもずっと良いはずと思ったのです。



・・・あくまで参考に



757 :名無しに影響はない(三重県)
2017/02/08(水) 06:46:55.78 ID:myhHOUiD
>>752
被曝によって起きる症状が深刻化するのは
血液の劣化が大きな原因だと思います。

東洋医学の先生も於血をさんざん言ってますし、
内部被曝研究の先駆者 肥田先生も健常者の輸血で回復しました。

カッピングは昔試した事ありますが、効果は分かりませんでした。
カッピング、瀉血、ヒル瀉血のような古来の治療法も被曝に有効かも。



758 :名無しに影響はない(三重県)
2017/02/08(水) 06:53:45.25 ID:myhHOUiD
>>752
血行の大切さについては、ゴム紐が病気を引き起こすと言っていた
お医者さんがいたそうです。ブラジャーが癌の原因という説もあり
ますし、血行は通常考えられているより重要なのかもしれません。


浜島貫 @to_hmsm 20時間20時間前

「私達のようにゴム紐を使用せずに育って来たものにとっては、
ゴム紐がいかに不快なものであるかを感ずるのである」
医学博士見元良平「健康であるために ゴム紐症候群について」74頁より

浜島貫‏ @to_hmsm 14時間14時間前

「皆さんはもしかするといたずらで犬や猫にゴム輪をはめた時彼等が
どんな状態になるか見られた事があるかもしれません。歩き方がおかしく
なったり、食事をしなくなったり、皮膚炎が起こったりします。これが
非常に大切なことなのです」医学博士見元良平著「衣服と疾病ほか随録集」より(昭和51年発刊




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad