放射能被曝疾患の予防治療情報 脳梗塞

放射能被曝疾患の予防治療情報

ネットで集めた被曝による病気の予防・治療情報を紹介します。使用結果や効果については自己責任でお願いします。

脳梗塞の後遺症に鍼灸が効く

中国医学華佗塾かだじゅく‏ @chuikadajyuku 2017年8月7日

中国では脳梗塞の後遺症は針で治す人が多い。日本は
皆無に近い。中医の病院には針灸科の入院病棟が有り、
何百人も入院して治療している。私の治療所でも手足の
動かなくなった人が治癒しました。西洋医学でダメでも治る。
##harikyu #chui



脳梗塞とリハビリテーション~鍼灸治療を取り入れた海外の研究報告~

WHOは「脳卒中の後遺症」を鍼灸治療の対象疾患としている


WHOが鍼灸治療の対象疾患に脳卒中の後遺症を掲げていることをご存知でしょうか?

また「脳卒中ガイドライン2009」(第7章 リハビリテーション)には、後遺症のひとつの「手足のつっぱり(以下痙縮)」が鍼通電療法で改善されるという結果が以下のように書かれています。

。歩行パターンを模した30Hz、20~30mAでの
下肢筋群の電気刺激は、下肢痙縮と歩行能力を改善する19)(Ⅰb)。麻痺側下肢の 4 か所の
ツボに対する高周波刺激(100Hz、20回、60分)に足関節訓練を加えることで足関節底背屈
筋力、歩行速度が介入後 4 週時においても改善する20)(Ⅰb)。鍼治療のみでは痙縮に効果
はないが21)(Ⅰb)、運動閾値以下での50Hzでの通電鍼によって肘屈筋痙縮を改善する22、2
出典:日本神経治療学会
「脳卒中ガイドライン2009」(第7章 リハビリテーション)より引用


徐々にですが、脳卒中と鍼治療にかかわるエビデンスは集積が進んできています。

https://health-more.jp/column/detail/1162/




スポンサーサイト

マカダミアナッツが脳卒中を予防する

どるぴん‏@carapowa1 2017年 2月10日

魚介に多く含まれている脳に良いEPAなどの油を摂るのが
なかなか難しくなってしまった。亜麻仁油なども有るが酸化が
速いのが難点。マカダミアナッツやマカダミアナッツオイルは
魚介のオイルの弱点をもカバーする優秀なオイル。アロマ
マッサージのキャリアオイルとしても血液やリンパの循環を促す。



どるぴん@carapowa1 2017年2月10日

マカダミアナッツの75%が脂質。植物性油脂で唯一パルミト
オレイン酸(POA)を含む。一価不飽和脂肪酸であるPOAは
酸化されにくく、血管を健康にする「第3の不飽和脂肪酸」として
脚光を浴びている。脳内血管を活性化、脳卒中を予防する。。。

http://herb-t.net/makadamianut.html …


脳卒中後の身体のマヒを防ぐ方法

島村 健作 ‏@shimamuraseitai (整体師) 2016年1月26日

整体では「脳卒中を起こしたと思ったらすかさず手首足首を回せ」
と言われています。するとマヒの予防になる、と。医学的なデータは
無いと思いますが、私の知る範囲でも数名の方が
これを実行してマヒが表れずに済んでいます。


島村 健作‏ @shimamuraseitai 2016年1月27日

補足しますと、脳卒中が起きると、以後半年くらいまでは
脳のネットワークが柔らかくなって作り直しやすくなるらしい
のです。(NHKスペシャル 脳がよみがえる 脳卒中・リハビリ
革命より)ですから、やった直後に動かす事で緊急バイパス
を作れるのではないかと個人的には想像しております。


島村 健作 @shimamuraseitai  2016年1月27日

とはいえ、なぜ手首足首か?と言われると
「整体では大事な急所と言われているから」としか答えられませんが…



脳梗塞で死んだ脳細胞を再生させる研究が進んでいる

モモのモモ‏@oo33maiko 1月5日

神戸新聞NEXT|脳梗塞で死んだ細胞再生 
兵庫医科大、定説覆す
http://www.kobe-np.co.jp/news/iryou/201701/sp/0009803341.shtml …


兵庫医科大のグループが、脳梗塞の組織中に神経細胞を
作る細胞があることを発見し、それを採取、培養して移植する
ことで、脳梗塞で死んでしまった脳細胞を再生させる研究を始めた


2017/1/5 06:20
脳梗塞で死んだ細胞再生 兵庫医科大、定説覆す(神戸新聞NEXT)


 兵庫医科大(兵庫県西宮市)のグループが、脳梗塞の組織の中に神経細胞を作る細胞があることを発見し、それを採取、培養して移植することで、脳梗塞で死んでしまった脳細胞を再生させる研究を始めた。死んだ神経細胞は再生しないという定説を覆す発見で、グループは「今後2年余りで、臨床試験の前段階まで持っていきたい」と話す。(武藤邦生)

 脳梗塞は脳の血管が詰まり、脳の神経細胞が死んでしまう病気で、後遺症が出ることも多い。その組織の中に神経細胞を作る細胞があることを、同大先端医学研究所の松山知弘教授、中込隆之准教授らが2009年、マウスの実験で発見。15年には、血管の周囲の細胞が脳の一大事を受け、神経細胞などに変化できる「多能性」を獲得していることが分かった。

 体のさまざまな細胞を作れる多能性幹細胞といえばiPS細胞が有名で、それに比べると発見された細胞は多能性が低いと考えられるが、体内で自然に生まれる。グループは重症の脳梗塞を起こしたヒトの脳でも存在を確認し、「iSC細胞(虚血誘導性多能性幹細胞)」と名付けた。

 この細胞の移植によって脳の再生も期待できることから、既に培養したマウスのiSC細胞をマウスの脳に移植し、ある程度、正常に機能している状態を確認。さらに昨年11月、日本医療研究開発機構(AMED)の支援を受けて始めた研究では、ヒトのiSC細胞をマウスに移植した場合の効果を確かめる。

脳梗塞


 マウスで効果があれば、ヒトへの応用の可能性も開けるといい、「iSC細胞はもともと体内で作られるもので、移植しても、がんなどの危険性は低い」と中込准教授。研究責任者で、脳神経外科の高木俊範助教は「脳梗塞の脳には再生させようとする働きがある。そのメカニズムを生かした治療につなげたい」と話す。



脳梗塞・認知症予防にウコン

脳梗塞・認知症予防にウコン

t-mari @kappel0208 2016年10月7日

脳のための食品
ウコンに含まれる抗酸化物質クルクミンは血液脳関門を
通過するので、神経保護物質となりうる。クルクミンは
アルツハイマー病患者の脳内に見られるベータアミロイド
の蓄積を抑制するだけでなく、血栓を分解する働きもある
http://ln.is/www.ncbi.nlm.nih.gov/09aMB …


t-mari‏@kappel0208 10月7日

また、クルクミンは記憶力を向上させ、ニューロン新生と
呼ばれる新しい脳細胞の形成も刺激することもわかって
きた。カレーパウダーの中には、純粋なウコンパウダーと
比べてクルクミンが格段に少ないものもあり、
脳への効果を望む方は購入に注意。


ぱらてん兎 @paratenusagi 10月10日

カレー粉のウコンに含まれるクルクミンという成分は、
物忘れなどの脳の老化に非常に効果的。しかし、この
クルクミンは単体だと吸収率が非常に悪い。この吸収率を
助けてくれるのが「きな粉」。吸収率をなんと300倍もアップ
させてくれる。⇒食べる前のカレーにきな粉を6g振りかけるだけでOK☆


FC2Ad