放射能被曝疾患の予防治療情報 痴呆症

放射能被曝疾患の予防治療情報

ネットで集めた被曝による病気の予防・治療情報を紹介します。使用結果や効果については自己責任でお願いします。

野草アザミの成分に「アルツハイマー改善効果」

アザミの葉食べるだけで効果あるかも?

野草アザミの成分に「アルツハイマー改善効果」
読売新聞 4/5(水)


 野草の一種から取れる物質に、アルツハイマー病の
症状を改善させる効果があると、国立循環器病研究
センターの斉藤聡医師(脳神経内科)らのチームが4日、
英国の神経疾患専門誌に発表した。

 マウスの実験で確認した。人の場合、軽度の患者で効果が
期待できるとし、今年度内に薬の開発へ向けた臨床試験
(治験)の開始を目指す。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170405-00050000-yom-sci


スポンサーサイト

脳梗塞・認知症予防にウコン

脳梗塞・認知症予防にウコン

t-mari @kappel0208 2016年10月7日

脳のための食品
ウコンに含まれる抗酸化物質クルクミンは血液脳関門を
通過するので、神経保護物質となりうる。クルクミンは
アルツハイマー病患者の脳内に見られるベータアミロイド
の蓄積を抑制するだけでなく、血栓を分解する働きもある
http://ln.is/www.ncbi.nlm.nih.gov/09aMB …


t-mari‏@kappel0208 10月7日

また、クルクミンは記憶力を向上させ、ニューロン新生と
呼ばれる新しい脳細胞の形成も刺激することもわかって
きた。カレーパウダーの中には、純粋なウコンパウダーと
比べてクルクミンが格段に少ないものもあり、
脳への効果を望む方は購入に注意。


ぱらてん兎 @paratenusagi 10月10日

カレー粉のウコンに含まれるクルクミンという成分は、
物忘れなどの脳の老化に非常に効果的。しかし、この
クルクミンは単体だと吸収率が非常に悪い。この吸収率を
助けてくれるのが「きな粉」。吸収率をなんと300倍もアップ
させてくれる。⇒食べる前のカレーにきな粉を6g振りかけるだけでOK☆


痴呆症に効果のある食品

藤原さやか@gongoti1416 2016年2月8日

そーいや!!!うちに来てた痴呆の患者さんが1日1杯
ココナッツオイル食べるようになったら、1ヶ月で劇的に
症状が改善されて先生がすげーー驚いてたし、
うちらもめちゃくちゃ驚いた事がある!!

藤原さやか@gongoti1416 2015年3月21日

認知症患者さんでココナッツオイル食べさせてたら
DVも驚く程症状が回復した人がいたなぁ

ココナッツオイルすごいよ!


ウレンゴイ学術調査研究所の発表がセンセーションを呼んでいる。なんとココアこそが老人の記憶の改善にものすごく効き目があるというのだ。(ロシアの声)

同研究所はめっきり記憶の落ちた老人たちを集め、一連の実験を行なった。参加者は2グループに分けられ、第1グループは量に際限なくココアを飲み続け、もうひとつのグループは何も強制されなかった。調査終了時にはココアを飲み続けたほうのグループはいろんな物の覚えがよくなり、記憶力を試すテストで好成績を挙げた。
続きを読む: http://japanese.ruvr.ru/news/2014_11_04/279590285/


【研究】週に1度カレーを食べると認知症になりにくい? カレーに含まれるウコンに秘められた可能性とは?©2ch.net


1 :シャチ ★ 転載ダメ©2ch.net:2016/07/08(金) 13:51:38.65 ID:CAP_USER9
老若男女、みんな大好きなメニューのひとつがカレーライス。最近の研究によって、
少なくとも週に1度カレーを食べることは、認知症予防に効果がある可能性があるという。

 そのカギとなるのが、カレーに使われるターメリックというスパイス。日本ではウコンとして知られている
ターメリックにたくさん含まれる「クルクミン」という成分が、脳を活性化させ、
年老いてからの記憶力の低下を防いでくれるというのだ。

 研究は中高年と高齢者の男女を被験者として行ったところ、1日に3回クルクミンを摂取した人々は、
摂取しなかった人々と比べて記憶力の向上が見られたという。さらに、カレーをよく食べる地域に住む
高齢者は、より優れた認知機能を持ち、認知症の有病割合も低いということが調査の上で分かっている。

 認知症の多くはアミロイドβというタンパク質の蓄積によって引き起こされる脳神経細胞の死滅が原因。
イギリスの権威ある学術雑誌「Journal of Nutrition」には、クルクミンのかたまりがアミロイドβを
取り除くという研究結果も掲載されている。この研究では、96人の40歳から90歳までの男女を被験者として、
1年間にわたって1日に1500mgのクルクミンを摂取した人と、まったく摂取しない人の違いを調べた。
すると6カ月を経過したあたりから、摂取しなかった人々にのみ、言語と記憶の機能に低下が見られ始めたという。

 さまざまな良い研究結果が認められているクルクミンだが、ひとつ懸念される点がある。
それは、消化吸収が悪いこと。そのため、クルクミンの摂取にはさまざまな打開策が取られ始めている。

 ケンブリッジ大学のアルフ・リンドバーグ教授は、おなかを壊さないよう、クルクミンを
ダイズレシチンと結合した新しいサプリメントを開発。これによって、クルクミンの吸収と
体内への分配を可能にしているのだとか。

 しかしイギリスのアルツハイマー研究所のローラ・フィップス博士は、認知症の予防や
治療に関するクルクミンの効能について、もっと大規模な臨床試験が必要で、まだ断定はできないという。
そして、「現在のところ、一番の予防といえるのは、禁煙と適度な運動、そしてバランスの取れた食事。
高血圧や高コレステロールを避け、お酒も過度になりすぎないようにすること。体に良いことは脳にも良いのです」と語っている。

 明確に効果があるとまだ断定できないとはいえ、確かにカレーを食べるインド人は、
計算が得意で頭の回転も速そうなイメージがある。今後の研究に期待したいところだ。

オーヴォ 7月7日(木)17時2分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160707-00000009-ovo-life

FC2Ad